検索
  • とちのき太郎

塾は必要?


塾は本当に必要なのでしょうか?

親の立場から言わせてもらうと、1日の半分以上を学びの場である学校にいるわけだから、しっかりと学校でやればいいじゃないか。お金をさらにかけて塾なんて行かなくてもいいだろう。なんて思います。

私と同じ気持ちな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし駅前の一等地にいけば「学習塾」「進学塾」「補習塾」など様々なタイプの塾がひしめきあっています。

都内の中学生の通塾率は、おおよそ中1で50%、中2で60%、中3で70%と言われています。

家庭教師や通信教育を加えれば、その数はまだ上がるでしょう。学校以外でこれだけの人が費用をかけて勉強をしているわけです。

では、なぜこのような状況なってしまっているのでしょうか?

学校は勉強をする場であるのは間違いないですが、勉強だけをする場所ではありません。

部活動や文化祭など様々な行事を通して、集団社会というものも学んでいく場所です。

しかし高校受験は、中学校で学ぶたくさんのものの中の1つ「学力」という一側面を判定するものです。その一側面だけをみて選抜されるわけです。

それに特化して対応する場所が学習塾なのです。

「学力」というものを効率よくつける場所こそが学習塾で、それを求めている方がいるのです。

塾が必要かどうかは、いろいろな考えがあるので人それぞれだと思います。

もし必要とされている方がいるのでしたら、その目標に向かう生徒さんを全力でサポートさせていただきます。


0回の閲覧

Phone:042-400-5473

Address: 東京都多摩市豊ヶ丘2丁目33‐6 Pハイツ2

Proudly created with Wix.com