検索
  • とちのき太郎

まちたんけん インタビュー


今日は、近くの小学校の「大すき!ぼくらの暮らすまち」のインタビューを受けました。

これは、小学2年生の生活科の授業のひとつで、「地域の事を知り、多くの人とかかわっている事に気づく」という学習です。

日ごろから、「地域に根ざす塾になりたい!」とおもっている私としては、ありがたい授業で、今年も選んで来てもらい本当に感謝しております。ありがとうございました。

今回の4名のインタビュアーも鋭い質問がバンバンきました。

「生徒数は全部で何人ですか?」

「先生は何人いますか?一人でやっているのですか?」

「授業は何時から何時までやっているのですか?」

「なんでアメがあるんですか?」

「このぬいぐるみはなんですか?」

「本(歴史マンガ)はどんな時に読むんですか?」

たくさんの質問を積極的にしていました。

特に「好きな色は何ですか?」という鋭い質問には関心させられました。

文字だけみると?と思うかもしれませんが、実はこれ良い質問なんです。

とちのき学習塾のイメージカラーは開塾当初に「みどり」と決めたんです。

塾にあるものほとんど、「みどり」なんです。

マグネット、玄関マット、セロハンテープ、イス、タイマー、パーテーション、ファイル、外装、ラミネーター、書類ケース・・じっくり見渡すと「みどり」だらけなんです。

こんなに「みどり」が多いのにあまり気づく人がいないんです。

きっと、毎日来ている生徒も気づいていない人はたくさんいると思います。

それを今日の2年生は、塾にきて周りを観て、「何かみどりが多いな」と気づいた事に関心しました。

疑問に思ったことを、素直に聞く。まさしく真のインタビュアー。関心しました。


39回の閲覧

最新記事

すべて表示

WEB授業について

3月上旬からWEB授業をはじめ、2カ月が経とうとしています。 短い期間ではありますが、いろいろな発見がありました。 今回はWEB授業の手ごたえと、メリット・デメリットについて感じた事を率直にお伝えいたします。 ◆勉強の習慣 英数2科目の生徒は週4回、4科目の生徒は週6回授業を午前、午後にそれぞれ1回ずつ受けることになります。 学習習慣があまりない生徒も、強制的ではありますが机に向かう回数が増えたの

4月の予定の変更について(新型コロナウイルス関連)

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、 4月13日から中学部は通常の塾での講義を取りやめてWEB授業に切り替え運営していきます。対応は以下の通りです。 ・4月6日~4月8日までは準備期間として通常通りの授業をします。(テキスト配布、テスト連絡) ・4月13日~5月2日までの3週間、通常のクラス授業を中止し、替わってWEB授業を実施します。 ・4月13日以降の中2、中3の国語の授業は中

Phone:042-400-5473

Address: 東京都多摩市豊ヶ丘2丁目33‐6 Pハイツ2

Proudly created with Wix.com