やればできるは・・・



定期テストも近くなってきました。


先日の小テストで、良い成績をとった生徒の一言を紹介します。

「私、やればできる子なんです。」


うれしそうに言ったこの言葉「やればできる」

学習塾で働いているとよく聞く言葉です。



この言葉をじっくり考えて4つに分類してみました。

=================

A:やれば⇒できる

B:やっても⇒できない

C:やっていないけど⇒できる

D:やっていないから⇒できない

=================

なんか数学みたいですね。




中学生のみんなは気づいていないかもしれませんが

AとDは実は同じ意味なんです。

「やればできる」は「やらないとできない」


結果がでていない生徒のほとんどは、ここに該当します。まだやってもいないんです。

やればできるのにもったいなぁ。なんて思う事は多々あります。




Bのやってもできない人はこれは、かわいそうですね。

やってもできない人は、何かが根本的に間違っています。

目標設定なのか、やり方なのか、やっている物量なのか。

正しく目標を決めて、正しいやり方で、できるまでやりきる。これが大事だと思います。


ただこれは、一人だと難しい事ではあります。行き詰ったら誰かアドバイスをもらえる環境が必要です。




Cのやらなくてもできる人・・これはうらやましい限りです。

ただこの人は、目標設定が間違っています。難しい課題、目標みたいな壁なんてものは、作ろうと思えばいくらでもできます。

チャレンジする目標を見直すことをお勧めします。



といろいろ書きましたが、言いたいことがあります。

「みんな、自分の事をもう少し信じてほしい。」


自分はできないと思い込んで、やりもせずに諦めていないですか?


みんなやればできるんです。



特集記事
最新記事