top of page

課題をやれない中学生②


前回、SNSによって中学生の可処分時間が奪われている。そしてそれが家庭学習の弊害になっているのではないかとお伝えしました。


その弊害を取り除くことはできないのか?

・・

正直簡単でないと思います。


学習自体が他のコンテンツよりも魅力的なものにすればいいだけですが、「勉強最高!」なんて生徒は滅多にみません。


それではどう対抗するのか。

一番現実的で、今まで成功してきたパターンは、「目標が決まる」ことです。


なりたい自分に向かって、突き進む。これです。


・あの高校に入学して高校生活を充実させたい。

・絶対次の検定に合格するぞ。

・今度のテスト点数を取って見返してやる。


前向きにやることができた生徒は、結果はどうあれ絶対に次につながります。


逆に、目標がない生徒は、やってもやっても上手くいきません。

やった時間が長く苦しく、逆効果になっている気がします。ただ単に勉強が嫌いになって終わりです。



まずはなりたい自分を見つける。

そして目標を決める。


それがとても大切なことのように思います。



Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page